記事の詳細

空間ディスプレイデザイナーとは、オフィスやショップなどのビジネスにおける建物や、住宅などの「空間」を効果的にデザインする仕事をする人です。
空間デザインをするための一定の知識やスキルを持っていることを証明するのがこの空間ディスプレイデザイナー認定試験となります。
空間ディスプレイ関連の会社に就職したいと思っている人には有利な資格となりますし、デザイン関連の仕事が好きという方にも活躍の場が増えるので非常に人気のある資格となります。
また、この資格があればフリーランスで働く場合にも信頼を得やすいため、空間ディスプレイ関連の仕事をしている方からはかなり需要が多いようです。

転職のために資格を取りました(30代・男性)

空間ディスプレイに興味があり、それ関連の会社に転職したいと思って資格をとりました。
空間ディスプレイデザイナーの仕事は、自分のデザイン能力や発想力、表現力が求められるので、すごくやりがいのある仕事です。
2ヶ月ごとに認定試験が開催されているので、思い立ってからすぐにチャレンジできるのがいいと思いました。
受験の費用も1万円程度で、通信講座は家から簡単に申込・受講もできるため気軽にチャレンジできたのがよかったと思います。

もともとこういった専門的な仕事はしたことがなかったので、本当に資格が取れるのかは不安でしたが、自分のレベルに合わせた級数があり、それに合わせたテキストもあるので初心者の自分でも大丈夫でした。
また仕事での実践を積んだら、もう一つ上の級の取得を目指そうと思います。

肩書きがあると信頼があがります(30代・空間ディスプレイ会社勤務)

長年空間ディスプレイ関連の仕事で働いていましたが、スキルアップをしたいと思い、資格を取得しました。
会社での経験ももちろん勉強になりますが、専門的な勉強もしてみたかったし、なにより肩書きがあると仕事をしていても信頼が得やすいんです。
自分のセンスが発揮されるアーティスティックな仕事でやりがいもあると同時に、やはり依頼者からしたら肩書きがあるようなちゃんとした人がデザインに携わっていないと、安い買い物ではないので安心できないですよね。
資格の肩書きがあるだけで、社内・社外ともに仕事を任される機会が増えたので、とってよかったと思います。

試験の難易度は高くないと思います(20代・男性)

もともと空間ディスプレイの仕事に就職をしたくて、少しでも就職に有利になるようにと思い資格の勉強を始めました。
空間ディスプレイの会社は経験者優遇のところが多いため、経験がない分資格を取ろうと思いました。
空間ディスプレイデザイナーの認定試験は通信講座で、受験も家でできるので、資格取得のために学校に通ったりという手間がなくてよかったです。
しかも、色彩・証明・配置・演出など様々な問題があり、確かに初心者がイチから勉強するのは大変でしたが、受験自体は自宅で調べながら回答することもできるので、資格取得の難易度は高くないと思います。
資格取得には安いものから高いものまで様々ありますが、空間ディスプレイデザイナーの資格は1万円で受験もできるので、とてもありがたかったです。
空間デザイン  空間デザイン

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る