記事の詳細

健康に関する話題は毎日のように新しいものが出てくるものです。
最新の研究では、というくだりから始まる知識が多く、今まで広く認知されていた事でさえ覆ってしまう事があるため、正しい情報を選択していく事が大事ですね。
正しい情報を選択するためには、正しい知識をもつことが肝要です。
その知識のなかでも、身体に効果を及ぼす素となるものを学ぶのが一番合理的な方法といえるのではないでしょうか。
ビタミンやカルシウムといった栄養素がそれにあたり、それの専門家でもある管理健康栄養インストラクター認定試験に関して、今回はご紹介します。

栄養を管理することは予防に繋がる

病気をかかってからどうするのか、ではなく、かからないように管理するのが管理健康栄養インストラクターの職務といえるでしょう。
病気のなかでも特に死因の高いものとして知られている心臓病、がん、脳卒中は三大死因・三大疾患とも呼ばれており、これらは生活習慣の改善で予防できるとされています。一度かかってしまうと治療に長い時間がかかったり、治療費が膨大
になってしまうため、かからないことに重きをおいた考え方が重要ですね。
病気の予防には適度な運動や休養がよく挙げられますが、昨今では過労死がしきりに問題になるように、長時間労働や残業でそんな時間も取れないといった社会人が多いのも事実です。
そこで、毎日誰もが必ず行う食事を見直していくことで生活習慣を改善し、上述の三大疾患を予防していこうという考え方が口コミでも広がっています。

栄養素に関する知識

詳しい試験の概要については後述しますが、どのような知識が必要になるかをここでは少し触れていきます。
まず基本的なビタミンに関する知識ですが、人に有効なビタミンは13種類が定義されており、ビタミンが発見される発端となった事柄は1734年まで遡ります。
当時の軍の兵士と士官の間で病気の発症率が違う事を疑問に感じた医師が、食事の違いから間接的に原因を特定したことに始まりました。
また、実はビタミンを必要とする生物は人を含む大部分の霊長類とモルモット等の一部の哺乳類のみで、ほとんどの哺乳類は体内で合成してビタミンを作り出す機能が備わっているため、摂取する必要がないものとされています。
ビタミンの中でも細かく呼称が違うものもあり、例えばビタミンB9は葉酸が主ですが、ビタミンMやビタミンBcとも呼ばれています。ほかにもビタミンB7も呼称が複数あり、知らずに聞いていたら別のものと認識してしまいますね。
こういったビタミンに関する知識などを試験では求められますが、メディアで話題になる健康食品や栄養素のはたらきに関しても正しい判断ができるようになるため、管理健康栄養インストラクター認定試験は実益に富んだ資格としても口コミで評判になっています。

管理健康栄養インストラクター認定試験 概要

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価

主催は日本インストラクター協会となっています。
食材が含む栄養素に関する知識など、食品に対する理解度を示す資格として、食品業界に勤める方からの支持や評判が口コミで評価されている資格です。
講師活動が可能になる点も見逃せないところで、自宅で開業をする方や、知識習得を目的に資格取得された方でも、外部へ講師として講義を依頼されるケースもあるようで、実効力は非常に高い部類の資格といえるでしょう。
これから食品業界に就職・転職を考えている方にもオススメできる資格で、一目でそちらの知識に明るいことが示せる事は大きく有利な要素となるでしょう。
食育健康アドバイザー認定試験に関する口コミ評判でした。
知識に自信のある方や、興味のわいた方は是非チャレンジしてみてくださいね。
普段の生活にも役立つことうけあいですので、主婦の方にもオススメの資格試験ですよ。
食育  食育

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る