記事の詳細

理想的な睡眠は私生活のコンディション・健康・美容にも繋がるため、非常に大切だと言われています。
しかし、ストレス社会の現代、様々な事情から安眠ができずに困っている方というのは沢山います。
シンプルに、仕事が忙しくてゆっくり寝る時間が確保できない、精神的な悩みで眠りたくてもなかなか寝れない、長時間寝ているはずなのに、疲れがなくならない、など・・・。
そこで、美快眠セラピストの存在が必要になります。
睡眠に対する様々な問題を抱えている人は予想以上に多く、セラピーに通っている人も多いのが現代の状況の中、人気が伸びている資格です。

様々な知識を身に付けることができた(30代・女性)

美快眠セラピストは日本メディカル心理セラピー協会で実施されている資格で、理想的な睡眠を得るためにどうしたらよいのか、個人個人の眠りの障害になっている原因を突き止めて、解決法を提案することができます。
睡眠の知識・原理、現代事情における睡眠、さまざまな睡眠障害、安眠への導きなどの知識が問われます。
心地良い眠りに導くにはいろんな方法があり、室温、照明、湿度、寝具を変えるなど様々です。
また、美容や健康という観点からも睡眠を研究し、より快適な睡眠へと導いていけるようにもなります。
時に寝具や寝室の状況も影響していることがあるため、枕を変えたりベッドの向きを変えたりといったことを提案することもあります。
この資格を取得してから安眠に導くための、ありとあらゆる基礎知識を身に付けることができました。

活躍できる就職先が増えた!(20代・女性)

病院などの医療機関や福祉施設、寝具店などで資格を活かすことができます。
枕の専門サロンなどで、睡眠についての悩みをお客様と共に解決するということに役立てることもできます。
他にも、アロマテラピーやリラクゼーションサロンにて、マッサージと併用して睡眠のアドバイスを行っているという方も多いです。
この資格を取得して本当によかったと思っています!

資格取得後は売上げ実績NO.1になれた!(30代女性・枕販売専門店勤務)

私が美快眠セラピストの資格取得を目指したきっかけは、私が不眠症になったことがキッカケでした。
もともと睡眠に関してはそんなに困ったことはなかったのですが、前職でムリをし続けた結果、全く寝れない状態に・・・。
寝方を忘れてしまったような感覚です。
仕事もとうとう辞めることになってしまい、なんとかこの不眠症を治さなきゃと思った時に見つけたのがこの美快眠セラピストの存在でした。
自分がセラピーを受けたあと、睡眠がどんどん良くなっていき、回復する頃にはすっかり「今度は私が、同じように眠れなくて困っている人を助ける側になりたい!」と思ったんです。
そこから資格の勉強をして取得したあと、私は枕専門店で再就職することになりました。
枕専門店は、なんらかの理由で睡眠に満足できないお客様が多いので、資格を取得することで悩み相談にのれるお客様の幅が広がったのがよかったです。
そうやってくわしく説明ができるようになった時には、会社でも売上げ実績NO.1に選ばれることができました。
20代はすごく忙しい環境で自分が頑張る側だったので、30代は昔の私のように困っている人を助ける側の人生にしていきたいと思います。
睡眠  睡眠

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る