記事の詳細

酒粕とは酒を絞った後に出る残りかすの事を言います。酒の残りかすなんて使い道はないだろうなんて思うことなかれ、酒粕は甘酒や漬物などの料理などで活躍する上に、その栄養素はかなり高いものとなっています。

そして酒粕は年中手に入れることが出来るというのも大きなメリットではあるのですが、酒粕だけが手元にあったとしても、その取り扱い方が分からない場合、どうしていいか分からなくなってしまうと思います。そういったことにならないためにはしっかりとして酒粕の知識を有しておく必要があります。

酒粕の知識を学ぶためには、酒粕に関する資格を取得するというのが一番の近道でしょう。今回は酒粕について学ぶことが出来る資格をランキング形式にまとめてみましたので、4位から順番に紹介していきましょう。

 

第4位 糀マイスター

糀に関する基礎知識や、糀が持つ栄養素などについて学ぶことが出来る資格となっています。糀に特化した内容となっていますので、糀マイスターを取得している頃には糀に関してかなりの知識を有していることになると思います。

しかし糀マイスターの基本コースは料金が約¥130,000程かかる上に講座が行われる場所も限られているため、気軽に取得できる資格というわけではありません。

また、糀について詳しく学ぶことはできるのですが、かなり専門的な部分まで学ぶ必要が出てきますので、気軽に糀について学びたいと考えている方には若干ハードルが高い資格と言えるでしょう。

 

第3位 糀食マイスター

糀というのは酒を作る際、発酵を手助けするものの事を言い、どういったもので出来ているのかというと実は微生物なんです。微生物と聞くと若干引いてしまいそうな感じがするかもしれませんが。

ここでの微生物はかなり健康を促進してくれる微生物である上に、料理に使うとうまみをかなり引き出してくれるというメリットもあります。

糀食マイスターの資格ではそういった糀を使った食事について学ぶことが出来る資格となっていますので、料理に興味がある方もない方も取得しておいて損はない資格と言えるでしょう。普段作っている料理にプラスアルファのおいしさを与えたいと考えている方、家族や恋人に健康的になってほしいと考えている方はぜひ取得を目指してみましょう。

 

第2位 酒粕美容健康アドバイザー

酒粕美容健康アドバイザーとは、酒粕に関する基本的な知識と、酒粕を使った美容と健康に関する知識を学ぶことが出来る資格となっています。酒粕は基本的に食材として使用されることが多いので、美に活用されるというのは目からうろこという方も多いかもしれません。

酒粕を使い美しさと健康な体を手に入れたいと考えている方は取得すべき資格といえるでしょう。この資格はどうしても女性の方が取得を目指すと思われがちですが、最近では男性であっても美意識が高い方もいらっしゃいますので、男性の方でも十分に取得を目指していいでしょう。

もちろん自分自身の美と健康に気を使うという方も取得する価値があると言えますが、それ以外に自分の身の回りにいる友人や家族・恋人などの美と健康についてアドバイスをしてあげたいと考えている方にとっても取得する価値は十分にあると言えるでしょう。

 

第1位 酒粕・糀マイスター

酒粕・糀マイスターの資格は、上記で紹介した酒粕資格と糀資格の両方の知識を学ぶことが出来る資格となっています。酒粕についても糀についても学んでみたいと考えている方は、ぜひ取得を目指してみましょう。

酒粕や糀が持つ健康効果や疲労回復効果、そしてそれらを使った料理のレシピなども学ぶことが出来ます。もちろん先ほど紹介した美容に関する効果についてもしっかりと学ぶことが可能となっていますので、マイスターの名に恥じない内容の資格となっています。

本当に詳しく学ぶことが出来ますので、その知識を仕事に活かすことも十分に可能となっています。飲食業界で働きたいと考えている方はもちろん、美容業界で働きたいと考えている方であっても酒粕・糀マイスターで学ぶことが出来る美容の知識というのは決して無駄になることはありませんし、むしろほかの人たちと大きく差をつけることも出来るかもしれません。

仕事に活かしたい人、酒粕や糀を使用した料理で美と健康を手に入れたいと考えている方はぜひ取得を視野にいれてみてください。

 

最後に

今回は酒粕と糀に関する資格をランキング順にまとめて紹介させていただきました。酒粕と糀は知識がない人にとっては扱い方自体分からないといった場合が多いかもしれません。しかし酒粕と糀を日々の生活の中に取り入れていくというのは、かなり大きなメリットがあると言えますので、それらの知識を持つというのは生活を充実させるうえでかなり重要な要素といえるかもしれません。

その為少しでも酒粕や糀に興味がある方は、今回紹介した資格のいずれか一つだけでもいいので実際に取得されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る