記事の詳細

人生にとって音楽は切っても切り離せないものです。

音楽は気分を上げることや心を癒すこともできるのです。

お腹の赤ちゃんに音楽を聞かせることで順調に育つとも言われますし、

植物、動物にも変化をもたらすとも言われます。

音楽は心理に働きかけるものなのです。

その音楽を生かした資格は女性、男性問わず人気です。

 

1位 メンタル心理ミュージックアドバイザー

理由

メンタル心理ミュージックアドバイザーとは、はじめて聞く人も多いと思いますが、

簡単に言えば、ネーミングの通りメンタルに働きかける癒しの音楽をアドバイスする資格です。

音楽が持つ心理的な効果に対する深い知識を持つことができ、

音楽の力の原理や効果や癒しに適した音楽などを効果的に活用する事で身近な音楽というアイテムを使います。

実践的かつ普段の生活にすぐに取り入れる事が出来るメンタル療法と言えます。

音楽療法資格のメンタル心理ミュージックアドバイザー

メンタル心理ミュージックアドバイザーになるには?

受験資格は特にありませんが、

専門学校や通信教育で専門知識を勉強することが必要です。

受験はインターネットより申し込みができ、在宅受験が可能です。

試験期間中に解答することになります。

合格基準は70%以上で試験は2ヶ月に1回となっています。

 

資格取得後は?

福祉関係や医療関係に適しています。

例えば、介護老人福祉施設や精神科、障害児・者福祉施設、サロン等でも活躍することができます。

自宅でカルチャー教室を運営することや知人や身内にアドバイスすることにより、より深い信頼関係を得ることもできます。

 

2位 音楽療法インストラクター

理由

音楽医療法士と似ている資格ですが、

音楽療法インストラクターと音楽医療法士違いがあります。

音楽療法士の方は受験資格とは、日本音楽療法学会正会員であり専門学校・短大・大学以上の修了証を有し、

更に5年以上の臨床経験を有する者に与えられる資格です。

一方、音楽療法インストラクターは受験資格特にありません。

そのことから専門的な知識が身に付き、受講のしやすさもプラスして現在、人気の資格となっています。

主に普段の生活の中で感じる音楽の歴史や効果などの様々な知識、

ライフスタイルの中における音楽の役割や重要性を考えます。

空間における音楽の利用方法を身に着けた人に与えられる資格と言えます。

音楽を通して人と人とのコミュニケーションを図ることができ、落ち着いた空間を提供することができます。

また、講師活動をすることもできます。

音楽療法資格の音楽療法インストラクター

音楽療法インストラクターになるには?

日本インストラクター協会が実施している資格です。

メンタル心理ミュージックアドバイザー同様に試験は2ヶ月に1回で、いつでも受験することができます。

受験料10000円程度で受験申請はインターネットから申し込み可能です、

在宅受験となっています。

 

資格取得後は?

音楽療法インストラクターの知識を生かし、音楽を使った空間作りを提供できます。

音楽を使った治療などへの知識や技術に対するアドバイスや指導を行う事が可能です。

また在職中の方は資格を生かしてスキルアップすることができます。
音楽療法  音楽療法

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る