記事の詳細

日本にはハンバーガー、オムレツ、パスタなどの洋食がたくさんあります。和風にアレンジされることも多く日本国内で愛されている洋食ですが、自分で作ったときに店の味とは違う、うまく再現できないという経験をもつ方も多くいます。また、自分の店を開いて洋食屋を始めるための学習をしたいと思っている、食べ物を作っていてスキルアップをしたいなどの思いを持っている方は洋食関係の資格をお勧めします。西洋の食べ物、テーブルマナー、食べ物の栄養素などを資格に挑戦することで知識を学ぶことができます。また、普段家で作っている家庭料理の洋食をより良くしたいと考える主婦にもおすすめです。今回はこのような洋食の4つの資格を、人気順でランクキング形式で紹介します。気になる試験があれば是非試してみてください。

1位 洋食エキスパート

洋食、調味料、食べ物、洋食などの基本的な知識から洋食やレシピを作る方法など、実用的な知識を持つ人には資格があります。キッチンナイフ、フライパン、鍋などの道具類から洋食の準備、焼き、フライ、煮沸、仕上げなどを理解していることを証明します。基礎知識は、洋食の調理と練習に利用することができますし、資格取得後は、洋食の専門家として働くこともできます。洋食に興味のある人、洋食店を開こうとする人、飲食業界で働きたい人に人気のある資格です。

【主催団体】日本安全食料料理協会(日本安全食料料理協会)

【試験名】洋食エキスパート認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

2位 健康洋食インストラクター

洋食を作るのに使われる肉、魚、野菜、バター、チーズ、塩、小麦粉、ハーブなどの食材に関する知識を身に付けています。様々なレシピを習得することでと、オムライスのライス、ハンバーガーステーキ、フライドエビ、ビーフシチュー、コロッケ、ナポリタン、グラタン、ミートパイを調理することができます。ブイヨン、デミグラスソース、ベシャメルソースなどのソースの作り方、料理の方法、洋食の様子などを十分に理解してインスタラクターとして指導することもできます。資格取得後、自宅やカルチャースクールのインストラクターとして働くことができます。

【主催団体】日本インストラクター協会(JIA)

【試験名】健康洋食インストラクター認定試験

【受験資格】特になし

【受験料】10,000円

【受験会場】在宅受験

【試験期間】隔月20日~25日ごろ

3位 洋食テーブルマナー講師認定試験

テーブルマナー認定講師は、一般的なテーブルマナーを幅広く普及させるインストラクター認定制度です。各産業を代表する専門家を講師に招き、西洋史、伝統的な日本料理、伝統的な中華料理の理解を深めるセミナーや現代的な食生活の儀式としてのマナーの理解を深めるために講演を行い、講師認定された人には協会から認定されることによって、多数の受験者を輩出しています。講師は様々な場所でのテーブルマナーやテーブルマナーの普及と改善に貢献することができます。

【主催団体】日本ホテル・レストランサービス技能協会

【試験名】洋食テーブルマナー講師認定試験

【受験資格】・協会の個人会員であること

・セミナー受講修了者

・満28歳以上であること

4位 フードスタイリスト

「フードスタイリスト®」は、日本の登録商標の最初の唯一の資格である履歴書、名刺、プロフィール、提案書などに記載することが可能で、様々なビジネスシーンでアピールすることができます。フードスタイリスト®は、食品撮影、食品知識、洗練された感性のサイトでおいしい料理と食材を提供するスタイリング技術を用いた『食品写真専門』の専門家です。フードスタイリスト®の仕事は、メニューやカタログの静止画撮影から、テレビコマーシャルやドラマなどの映画の撮影まで、非常に広く利用することができます。撮影スタジオ、印刷会社、テレビCM制作会社、食品関連会社、広告会社、デザイン会社、コンビニエンスストア、コンビニエンスストア商品開発などの様々な食品産業における昇格の手段として利用したり雇用や独立開業の場面でも役立てることができます。

【主催団体】日本フードライセンス国際協会

【試験名】フードスタイリスト®
洋食資格  洋食資格

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る