記事の詳細

建築物や工業製品の設計図をコンピュータを使用して作成する際に使用するソフトCAD(コンピュータ・エイディッド・デザイン/computer aided design)。
CADは、建築・機械・設備・電気・土木などの幅広い業界で使用され、CADを扱えるかどうかは業界内で重要視されます。
様々な業界で必要となるCAD技術の、世界標準CADのAUTOCAD・JWCADを使うための知識を有していることを証明する資格は、就職・転職をする上で持っていると有利に働く資格として高い人気があります。
CAD関連の資格は様々ありますが、その中でも一番の人気は「CADデザインマスター認定試験」となっています。

応募条件がCADの資格を持っている事だった(30代・男性)

もともとはCADの資格について興味があったわけではありません。
というより、そもそもCADが一体何なのかもわからないところからのスタートでした。
ただ、前職に勤めていた時に転職を考え求人誌を見ると、自分が転職を考えている業界はCADの資格がある人が優遇されたり、そもそもCADの資格があることが応募条件のような会社が多かったのです。
なので、最初は転職の為に仕方なしに勉強したのが始まりだったんです。
でもCADデザインマスターの資格は、前職で働きながら、帰宅してから自宅で行い受験も自宅でできるとのことだったので、資格取得のために一端無職になる必要がないということだったので、それだったら資格取得を目指してみようかなと思いました。

転職で選べる会社の幅が広がりました

そんな情けない理由が受験のキッカケでしたが、自分がいざ勉強してみると結構奥が深いというか、だんだんと「この資格を活かした仕事がしてみたい!」と思うようになりました。
転職活動にしても、資格があるだけで受けれる会社の幅もすごく広がりました。
CADが使える人を即戦力として求めている会社もあるので、運もあったとは思いますが、そんなに転職活動にも苦戦しなかったと思います。
会社でも必要な人材として扱ってもらえるようになったので、取ってよかったと思います。

キャリアアップの為に取りました(30代・建築事務所勤務)

建築関係の事務として働いていたのですが、本当は私ももっとキャリアアップしたかったんです。
ただ、事務職だとキャリアアップは縁遠く、上司に相談したところ、CADを使えるようになれば他の部署の異動もできるし、そっちの部署だったら昇格もあると言われました。
そこで、チャンスがあるのだったらチャレンジしてみようと思って資格の勉強を始めました。
転職するという手もあるといえばあったんですけど、そこに踏み切る勇気がなかなか出せなかったんです。
同じ会社内でキャリアアップを目指せるならそっちがいいと思って勉強しました。

資格取得後は仕事に対するモチベーションが上がった!

うちの会社は中小だったので、CADを扱える人が少なかったのもラッキーでした。
CADデザインマスターの資格は、勉強や受験の為にどこかに通ったりする必要がなくてすべて自宅で完結するので、会社に勤めながら資格を取りたいと思っている人でも取りやすいのが助かりました。
CADの資格を取って約束どおり違う部署に異動になり、頑張ればキャリアアップもできる環境になって、仕事に対するモチベーションも上がったので、本当に取って良かったです。
CAD  建築模型・住宅模型

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る