記事の詳細

日本インストラクター技術協会が主催運営するCAD資格です。

なかでも人気なCADデザインマスター資格、建築CADインストラクター資格、土木CADインストラクター資格です。

建築・機械・設備・電気・土木の仕事をしている方のスキルアップ、幅広い活動の為に取得したい資格と言えます。

 

1位 CADデザインマスター資格

理由

建築・機械・設備・電気・土木の仕事にしている人なら目指したい資格です。

仕事をして行く上でワンランクアップの資格は必要ですし、自信のアピール、自信にも繋がるはずです。

世界標準CAD、AUTOCAD、 JWCADを使い業務の中でより的確に作図能力CAD技術を一定以上のレベルの知識を身につけ、

これからの社会の姿を考えられる人材となることを目標とした検定試験です。

建築、電気関係のお仕事をしている人なら目指したい資格の一つですね!

CAD資格のCADデザインマスター
どんな人に向いている?

受験料金は1万円程度です。

試験は2ヶ月に1回ペースで行われる為、いつでも受験が可能です。

受験方法も在宅ができ忙しい社会人にピッタリです。

CADデザインマスター資格と聞くと難しそうなイメージですが合格率も70%前後で比較的チャレンジしやすい資格です。

 

CADデザインマスター資格取得後は?

建築関係の仕事ではスキルアップが期待できることはもちろんですが、

自宅で教室ができ、講師活動まで幅広くできます。

 

2位 建築CADインストラクター

理由

建築CADインストラクターは建築設計や施工図についての知識と建築CADシステムについての知識が一定レベル以上あり、

世界標準CADのAUTOCAD、JWCADのどちらかを使って十分使えるレベル以上にあることを証明される資格になります。

建築CAD資格の建築CADインストラクター
どんな人に向いている

建築と名が付くだけあり建築業務の方におすすめしたい資格です。

また、今よりスキアルアップ、講師として活躍したい、独立したい方にも最適です。

こちらも在宅受験ができるので仕事をしながら資格を取得することが可能。

試験も2ヶ月に1度でいつでも受講ができ資格試験に間に合います。

忙しく働いている社会人にピッタリです。

 

建築CADインストラクター資格取得後は?

こちらも建築関係の仕事でスキルアップを望めます。インストラクターと名が付くだけあり、

取得後は講師として教えることが可能です。教室なども開くことができます。

 

3位 土木CADインストラクター

理由

土木CADインストラクターは、土木CADにおける土木製図の基本事項から、

コンクリート構造、鋼構造、橋などを十分に理解したと捉えCADシステムを理解したうえで

AUTOCAD、JWCADいずれかの操作が実務において一定レベルに達した方へ認定される資格を言います。

土木関係の仕事をしている、目指している人なら目指したい資格です。

土木CAD資格の土木CADインストラクター

どんな人に向いている?

こちらもCADデザインマスター、建築CAD同様にインターネットから申し込みが可能、

在宅受験ができ、納期までに解答用紙を提出すればOKです。

試験も2ヶ月に1度行われているから、いつでも受講ができ資格試験に間に合います。

忙しく働いている社会人にピッタリです。

 

土木CADインストラクター資格取得後は?

土木関係の仕事でスキルアップはもちろんですが、CAD講師として後進や資格取得志望者への指導や教室を開くことが可能になります。
CAD  建築模型・住宅模型

関連記事

人気資格ランキング

稼げる資格

ページ上部へ戻る